広告会社への相談から始める注文住宅の発注

subpage01

注文住宅をどのようにして建てるかと考えたときに、まず建築会社に連絡するのは必ずしも賢明ではありません。
住宅の設計と予算の確保を先に行った上で発注しなければならないからです。

その段取りが理解できていると、最初に連絡するべきなのは工務店と金融機関だとわかるでしょう。


しかし、さらにその一歩手前に不動産関連の広告会社に相談するのも良い方法です。
一般的に不動産広告を行っている会社は不動産業界に精通しているため、注文住宅の建て方について相談すると一連の流れを教えてくれます。


その上で、予算と目的、希望に応じた工務店や金融機関の候補を挙げてくれるでしょう。必要とあらば建築会社についても情報をもらえます。広告業を営んでいるとそれぞれの業界とのつながりが深くて各業者の特徴をよく理解していますが、特定の業者との強いつながりはありません。



注文住宅について相談した際に強硬に特定の工務店や金融機関を勧められてしまうリスクが低く、客観的な判断に基いた提案をしてもらえるでしょう。

不動産の資格情報探しならこちらをご確認下さい。

通常は広告会社への相談は無料であり、その代わりに紹介状などを渡されることがあります。


広告会社は顧客を紹介したことで工務店などから紹介料を受け取っているのが通常です。
注文住宅を建てようかどうしようか迷っているときに相談すると、建てた方が良いと強く勧められるのではないかと懸念する人もいます。しかし、広告会社にとっては賃貸でも建売住宅の購入でも不動産に関わる行動を取ってくれれば利益になるため、最も良い回答を導き出せるように親身になってくれることが多いのが特徴です。



そのため、信頼性の高い情報提供を得て注文住宅の発注に向かっていける可能性が高くなります。


注目情報

subpage02

建築に携わる仕事をするには、「建築士」の資格を取得するのが一般的です。資格を取得するには国家試験に合格する必要があります。...

NEXT

大人の常識

subpage03

建築関係の仕事をすると会社は経営審査事項といわれるものを毎年提出します。それには従業員、役員に建築関係の資格を何人の社員が何を取得しているのかを提出することによって会社の評価が高くなり、結果、公共入札や下請け作業のとき等の大手デベロッパー等からの評価も上がる非常に重要な年間行事です。...

NEXT

基本知識

subpage04

建築関係への就職をお考えの方は資格を取ることがその近道だと考えられます。もっとも役に立つ資格が一級建築士です。...

NEXT

住宅をよく学ぶ

subpage04

建築関係の資格は幅広いです。すべて取得しようとするのは困難ですが、どれも建築関係の仕事をするうえで役に立つものであることは間違いないです。...

NEXT