建築関係資格の習得方法について

subpage01

建築関係への就職をお考えの方は資格を取ることがその近道だと考えられます。

もっとも役に立つ資格が一級建築士です。
しかしながら、一級建築士になるには筆記試験のみならず実務経験も必要となってきます。

また二級でも同様に実務経験が求められます。

では、どのようにして実務経験を積むことが出来るのでしょうか。


まずは、宅地建物取引士の資格を得ることが早道になるのではないかと思われます。


なぜならば、建築と不動産は切り離せないもので、建てたあとは売る必要があります。

その時に、宅建業の資格を得るために宅地建物取引士を欲しがっている企業もあります。
宅地建物取引士は筆記試験のみで、実務経験が必要ありませんので、未経験の方も習得することができます。


筆記試験への合格のための勉強は独学でも可能です。また、独学で難しいと思われた方は筆記試験の合格のための専用学校は多くあります。しかしながら、専門学校を使用する場合は高額な費用がかかります。



もし、そのような費用がなく合格を目指している方がいましたらハローワークにて、一般教育訓練給付制度について問い合わせを行なって下さい。



こちらは、国が指定する職業訓練講座を受け、終了した場合、費用の一部が助成される制度となっています。

待望の枚方市の新築一戸建てを知りたい方必見の情報を集めました。

建築業界への就職を考えているかたは、その他にも近道となる資格の習得方法もありますので、自分にあった方法を見つけ、段階的にレベルアップすることが一番だと思われます。