建築に携わるには?資格を取得しよう!

subpage01

建築に携わる仕事をするには、「建築士」の資格を取得するのが一般的です。
資格を取得するには国家試験に合格する必要があります。

この試験は誰でも受けられるというわけではなく、受験するための資格を満たしている必要があります。
受験資格にはいくつかのパターンがあるので、受験を考える場合はどのケースに当てはまるのかを調べなければなりません。

注文住宅の相談が気になる方に必見の情報です。

たとえば大学やなどで建築について学習し卒業した場合は、特に実務を経験していなくても受験することが可能です。
一方で、大学などで土木を勉強して卒業した場合は、実務経験を積むことが求められます。
また必ずしも、これらを学んで卒業している必要があるわけではありません。

一般的に7年の実務を経験していれば、受験することが可能になるからです。


7年と聞くと長いように感じるかも知れませんが、大学の卒業資格を得られないなどの理由で選択する人も少なくはありません。
また二級と一級があり、段階的に取得します。二級の場合は担当できる建造物の面積に制限があります。

それに対して一級の場合は、どのような建造物であっても設計を担当できるのです。



そのため、一級になると仕事の幅が一気に広くなります。
一級を目指す場合は、まず先述の方法で二級を取得する必要があります。そして二級の状態で経験を積んでから、キャリアアップとして一級の取得を目指すのです。



また二級や一級を取得することは大切ですが、感性や発想力を磨くのも忘れてはいけません。