たくさんある建築関係の資格から選ぶ

subpage01

建築関係の資格は幅広いです。

すべて取得しようとするのは困難ですが、どれも建築関係の仕事をするうえで役に立つものであることは間違いないです。なかにはその資格がなければ仕事ができない場合もあるので、取得することで就職に有利になることは間違いありません。


よく聞く一級建築士は国土交通省が発行している免許であり家や高層ビルといった建築物の設計などを行うことができるものです。取得は容易ではありませんがこれを持っているだけで、自分で事業ができるなど仕事をするうえで非常に有利です。

電気設備の工事を行うには電気工事士を取得しなければなりません。これは電気工事法で定められているので、仕事をするうえで必須条件になります。

電気会社に就職している人は取得しておきたい資格です。



講習を受ければ仕事ができるものもあります。
例えば高所作業車を運転して作業をするには、高所作業車運転技能講習を受けなければなりません。


不整地運搬車運転技能講習といったものもあります。

最新の住宅購入の相談の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

こうした作業系は講習を受けるだけで取れる資格がたくさん存在するので講習を受けておいて損はありません。

現場の作業系ではなく契約関係、法律関係に強いものもあります。宅地取引主任者や土地家屋調査士、測量士です。
一級建築士の資格が難しいと感じた場合は、まずは比較的取得しやすいこれらの試験を受けてみてください。

他にもあると強みとなるものとしてインテリアコーディネーターやCAD利用技術者があります。